小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

場所柄もわきまえず、吠えかかる駄犬

  • 頭脳明晰との自覚があるのだろう。他人がバカに見えてもいるのだろう。全知全能感に酔い、つい口走ってしまったというところか。
  • しかし、結局のところ、この人だって全知全能どころか、ただのポチである。しかも、飼い主は非常に質の悪い男でもある。質の悪い男に知らず知らずのうちに飼いならされ、しっぽを振り、場所柄もわきまえず吠えかかる。世間的に見れば、ただの哀れな駄犬でしかない。

www.jiji.com

玉木氏は、質疑中に首相秘書官が「違うよ」などの不規則発言を行ったとして「秘書官がやじを飛ばすな」と激高。この後、記者団に「犬は飼い主に似るという言葉がある。首相の傲慢(ごうまん)な姿勢が隅々まで行き届いている」と言い放った。

 

www.asahi.com

「秘書官ですか? あなたは。質疑者にヤジを飛ばすのはやめてもらいたい」

11日の衆院予算委員会で、希望の党玉木雄一郎代表が安倍晋三首相の後ろの席にいた首相秘書官に強く抗議する一幕があった。

 この秘書官は、経済産業省出身の佐伯(さいき)耕三氏。加計(かけ)学園獣医学部新設への関与が問われる柳瀬唯夫・元秘書官の後輩にあたる。

 玉木氏が首相に加計学園の計画を知った時期などをただしていると、佐伯氏は繰り返し発言。玉木氏によると「違う」「間違っている」などと繰り返したという。抗議を受けた佐伯氏は首相への助言だと説明し、首相も同調したが、玉木氏は「私じゃなくて総理に向かって言うべきだ」と指摘。佐伯氏は何度もうなずき、その後は首相に近寄って助言するように改めた。

 質問後、玉木氏は記者団に「首相秘書官がヤジを飛ばすなんて前代未聞。安倍政権の傲慢(ごうまん)な姿勢が隅々まで行き届いている」と批判した。