小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

戦争をしたいわけじゃない、戦争ができる国を作りたいのだ

 

  • 安倍共の改憲は「愚」以外のなにものでもないけれど、目下ところ、議論は「平和」を中心に回っている。9条に集中させて、そのすきに「緊急事態条項」などの諸々を有耶無耶にしてしまえという算段なのだろうが、恐ろしいことにその手は功を奏している。
  • でも、下の写真で言うなら、最も恐ろしいのは「国民の義務」だと思う。安倍共は別に戦争をしたいわけじゃない。日本を「戦争ができる国にしたい」のだ。そこで肝となるのは、国民だ。さあ、戦争をしよう! となったとき、「よし!」と鉢巻しめて馳せ参じてくれる国民を作りたい。「国民の義務」を変えるのは、そうした目的を含んでいる。国防の協力義務などは読んで字のごとしだが、「家族助け合い義務」も極めて危険だ。親が子を助けるのは判るとして、子が親を助ける義務が憲法に明示される。こんなバカな話があるだろうか。憲法なんて壮大な話だとピンとこないかもしれないが、東京で一生懸命働いていたら、京都の父親が倒れたとの報告がくる。父親は息子に介護して欲しいと言う。憲法で家族助け合いの義務があるから、息子は仕事を辞め、京都に戻り、収入もないまま父親の介護をすることになる。もしそれを断ったら、憲法違反になる。
  • これは極端な例だけれども、親の言うことは絶対。子供は親に従う。年長者を敬う。こんな社会が長く続いた後、年長者が戦争を始め、年長者、親が「おまえ、戦争に行ってこい」といったとき、若者たちはどうするのだろうか。

 

f:id:Muho:20180209131551j:plain