小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です

男女共同参画を否定し、子供に愛国心強制 百害あって一利なし 

  • こんなおかしな団体に牛耳られていることこそが、日本停滞の一要因と考える。選挙が本当にあるのなら、今一度、考えておくべき問題だと思う。
  • この運動団体が政治中枢に勢力を伸ばしてきたのも、つまりは選挙だ。選挙って大事。選挙には行こう。

 

matome.naver.jp

 

  • 日本会議を発端とする愚行は数々あるが、もっとも恐ろしいのは「9条」ではなく、「教育」だと思う。

改憲目指して「愛国心」強制(政権に巣食う改憲右翼団体日本会議」勢力 主張・言動に見る異常より)

 日本会議は、日本国憲法、とりわけ不戦と戦力不保持を定めた憲法9条への攻撃を続け、「国防体制」充実のための改憲を主張。日本会議議連や「靖国」派の地方議員でつくる「日本会議地方議員連盟」が地方議会で「憲法改正の早期実現を求める意見書」を採択させる先頭に立っています。3日の内閣改造を受け、「この日が憲法改正運動のスタートとなる」(日本会議大阪のフェイスブック)と改憲に期待を寄せています。

 日本会議改憲に向けた世論構築のために「愛国心」教育強化などを求めてきました。

 女性活躍相に就任した有村治子氏は、昨年の参院選日本会議推薦候補として当選。推薦を受け有村氏は「戦後の教科書からは、万世一系という言葉は消えました。そこから始めていかなければいけない」(日本会議の月刊誌『日本の息吹』13年6月号)などと天皇中心の「日本の国柄」を教育に持ち込む狙いを語っています。

 

男女共同参画」に反対

 男女の社会的差別をなくす「ジェンダーフリー」の運動や教育が世界で広がっていますが、これを否定しているのも日本会議です。

 日本会議議連所属議員らも「性差別」の廃止をうたう政府や各県の「男女共同参画」の動きまで「男らしさや女らしさを否定する」ものと批判。10年3月に「日本の国柄と家族の絆を守るためストップ!夫婦別姓」と題して開いた集会には、今回初入閣した高市早苗総務相や山谷、有村両氏のほか、自民党政調会長に就任した稲田朋美氏が参加しました。

 

 

  • つまり、女、子供を自分たちの支配下に置きたいわけだ。世界的な流れにも逆行していて、こんなバカなことをしているから、日本は取り残される。少子高齢化と言われつづけている中で、何の根拠もないバカな妄想で、女性の進出を阻害し、子供を産みにくい状況を作っている。「理想の家庭はサザエさん」とか言ったのも、どこかの日本会議の者だった。