小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

小田嶋 隆氏による「総理案件」

杉田、小川、新潮、三者がタッグを組んだ唾棄すべき差別記事。それを「総理案件」として見事にまとめ上げている。見事だ。

 

business.nikkeibp.co.jp

 

それでも、小川榮太郎氏の記事には、一言だけ反応しておく。

 理由は、単純な話、腹が立つからだ。
 いくらなんでも、ここまで低劣だと、読んでしまった人間の感情として黙って通り過ぎるわけにはいかないということだ。

 全編を通じて、性別や染色体や性指向などなど、高校の生物の授業以前の事実誤認がちりばめられていることもさることながら、この人はなによりもまず「性的指向」と「性的嗜好」というLGBTを語る上での、最も基礎的な概念について、きちんとした区別がついていない。

 あるいは、LGBTの人々をあえて「変態性欲」のレッテルのもとに統合するべくこの2つの概念を混同してみせているのかもしれない。

 いずれにせよ、あまりにもレベルが低い。
 特に以下の引用部分はとてつもなくひどい。

《---略--- LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものだというのなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。私の造語だ。ふざけるなというヤツがいたら許さない。LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だからです。  満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深かろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。彼らの触る権利を社会は保証すべきではないのか。触られる女のショックを思えというのか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどのショックだ。精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。---略---》(「新潮45」 2018年10月号P88より)

 

 この部分は、説明抜きで、そのまま引用してみせるだけで、そのひどさが伝わるパラグラフだと思う。

 性的指向と、性的嗜好の区別がついておらず、さらには性的嗜好と変態性欲を意図的に同一視し、おまけに、LGBTと痴漢を同じカテゴリーの概念として扱い、かててくわえて、性的にマイノリティであることを意図的な犯罪者と同一視している。

 さらに言えば、女性が痴漢に触られた時に感じる被害感情を、小川氏がLGBTが論壇の大通りを歩いている風景を見る時に感じる「死ぬほどのショック」とやらと同列に並べている。

 あまりにもひどすぎて論評の言葉が見つからない。

 

 

杉田論文があれほどに燃えたのは、あれが「総理案件」だったからだと考えている。

 つまり、あの論文を書いたのが、安倍晋三首相のお気に入りの女性議員で、一本釣り同様の経緯で地方ブロックの比例第一に配せられた特別扱いの議員だったことこそが、見逃してはいけない背景だということだ。

 二階幹事長が
 「この程度の発言で、大げさな」
 とすぐに擁護したのも、杉田議員が首相のお気に入りであることを踏まえた反応だと思うし、永田町の自民党本部前まで抗議に訪れたLGBTの団体の抗議声明を手渡そうとした時に、なぜなのか、担当の事務員が文書の受け取りを拒絶したことも、いまになって考えてみれば、当件が、ただの抗議事案ではなくて、「総理案件」だったからだと考えると辻褄が合う(こちら)。

 

安倍さんがなんとか杉田議員を擁護したのは、つまるところ、彼女が、自分自身の内心を代弁する存在だから切るに切れないのではないか。

 「新潮45」の編集長が、世間からの圧倒的な逆風をものともせずに真正面からの反論企画掲載に打って出た理由も、結局のところ、杉田論文が「総理案件」であることにある程度気づいていたからで、要するに、編集長氏は、この反論企画が必ずや首相に気に入られることを知っていたはずなのだ。

この薄気味の悪い生産性差別物語の背後に、一貫して総理のご意向が見え隠れしていたから 

 

特撮秘宝 vol.8

特撮秘宝vol.8 来る! 悪の特撮キャラクター大アンケートに参加しています。受け狙いなのか何なのか、あまり突飛なランキングにするのは好きではないので、これでも比較的、真面目に選んでいるのですよ。ワンセブンのような東映巨大ロボットの大特集とか、組んで欲しいなぁ。「ミス・アメリカ」座談会まできたんだから、バトルフィーバーロボ大特集まであと一歩。そしてレオパルドンも!

 

f:id:Muho:20180917192014j:plain

バカのクライマックス。そのバカが首相という不幸。

  • バカのクライマックスとはこういうことを言うのだろう。頭に血が昇ったバカというのは、やはり強い。頭のいい人たちを寄せ付けない。筆舌に尽くしがたいバカ、改行すら許さぬバカとは安倍氏のような人を言うのだろう。そして、その筆舌に尽くしがたいバカが首相なのである。日本は。
  • 枝野氏の3時間演説、理路整然と落ち着いた物言いの石破氏。そうした人材がいるのに、てめえが何喋っているのかも判らないバカが首相って、日本は不幸だなぁ。

 

  • buu様による見事な書き起こし。

星「学生時代の友達でも、金融庁の幹部と、ゼネコンの頭取は、ゴルフをしちゃいけませんよ、それは」

安倍「ゼネコン?」

星「あぁっ、メガバンクの人、と、金融庁の幹部は、学生時代、友達だったからいいだろう、って言う理由にはならないんですよね」 安倍「ゴルフ、ゴルフをしてはいけないと言うのは、いわば、、」

星「ゴルフをして会食をして御馳走になったり」

雨宮「石破さんでしたら、例えば加計さんのような立場にある方と、お友達であったとしても、ゴルフはしますか?」

石破「それは、自分が権限を持っている時はしません、少なくともね。ですから、やっぱり職務権限を持っているわけ、ですよね、私も国家戦略特区担当大臣でした。少なくとも、そういう権限を持っている間は、接触はしない、それはね、あらぬ誤解を招いてはいけませんのでね、そういう事だと私は思っています。ですから、そこは、本当に長年の友人であっても、私もいますよ、そういう友人はね、ですけど職務権限を持っている間は、それはもう、接触はしない、そういうもんだと思っています」

(間髪を入れずに)安倍「ただですね、星さん、ちょっとゴルフに、偏見を持っておられると思います。あの、今、オリンピックの種目になっていますから(星、笑う)いやいや、ゴルフがダメでですね、テニスはいいのか、将棋はいいのか、と言うことなんだろうと、思いますよ。ただ、ま、公務員の倫理規定の中には、ゴルフは入っていて、これは色んな議論があります。ゴルフ、やっておられる方からは、それはもう、なくしてもらいたいと、強い、要請もあります、そういう色眼鏡で見られますから。ゴルフをやってるとですね、何か、よからぬ事をしているのか、と言う誤解をおそらく持っているんだろうと思いますが、そうでは、ないですよ。ゴルフもやっぱり、スポーツの、一つですから。その中に於いてですね、そういう規定があれば、それに従うのが、当然のことであろうし、公務員には公務員の倫理規定がありますから、その中で動いている、でも政治家の場合は、たとえば私、経済界の人たちとも、ま、ゴルフを、します。それがよくてですね、こういう位の人ならいいけれども、あまり世の中から知られていない人と、やってはならないと言う事で、おっしゃっているんであれば、それは少し、、」

星「いや、利害関係者と言うことで、言っている」

安倍「利害関係者と言う事であればですね、私は一銭も、その、政治献金を受けていませんから。で、そこで、は、ちゃんと私は自分の分は払っています(キッパリ😤)」

星「あの、許認可を申請する人と、、」

安倍「許認可を申請してるかどうかって、私はそこでは、実際、ホントに知らなかったわけでありますから、それはそういう、、星さん、大切な事はですね(デタッ)、これ、本質論を、ここで議論したいと思うんですが、やっぱり政治と言うのはプロセスが、果たして透明で、適切カッと言うことだと、思います。その意味においてはですね、えー、この、獣医学部、をはじめ、特区の問題では議事録を公開して、おります。そして、特区プロセスに、関わって、来た人たち、八田座長をはじめ、多くの方々、あまり皆さん、それは取り上げて頂いてないんですが(意味ナイカラヨ)、一点の曇りもない、と言うことを明確におっしゃっていますよね、この方々が決めていく、わけであります。ですから、そこはですね、果たしてどうかって言うことを、ちゃんと見て行く必要があるんだろう、と、思います。ただ、議事録、の中にですね、えー、議事録自体を、誰がこう言った、ああ言った、ってことはですね、ちゃんとその人に確かめて、議事録を、書いて、いこうと、言う風に今度変えてより一層、透明性を、高めて行く必要は、あるのかなぁと、思います。今後もですね。この問題について、今のように、問われれば、しっかりとお答えをしていきたいと、こういう風に思いますので、公平な報道をよろしくお願いします」

 

 

f:id:Muho:20180903213103j:plain

 

Under leadership as stale and timid as Shinzo Abe ……

 「外交の安倍」というよりは、「外商の安倍」だよな。日本の大切なものを外国に売り飛ばしてきやがる。

russia-insider.com

 

Japan's Abe Made a Mighty Fool of Himself at Russia's Eastern Economic Forum

First, it has to be said that Prime Minister Abe was odd man out..

Under leadership as stale and timid as Shinzo Abe proved to be at the Forum, his country is fated to become the Land of the Setting Sun.

 

 

f:id:Muho:20180903213103j:plain

 

「サンダーバード秘密基地」を作る……

100号近くに及ぶ、ディアゴスティーニサンダーバード2号」をようよう乗り切ったのもつかの間、次なる恐ろしい企画スタート。「サンダーバード秘密基地」を作る……って、もう狂ってるとしか思えない。こんなのさ、申し込まないわけにはいかないじゃないの。創刊号でいきなり2号が完成してしまうところも、ぬかりがない。しかし、これから数年かけて島のプラモを作るのか……。

f:id:Muho:20180917114258j:plain

f:id:Muho:20180917114403j:plain

f:id:Muho:20180917114427j:plain

安倍の三バカ側近たち バカはバカを呼ぶ バカに交わればバカになる 日本全国バカ日和

安倍が呼ぶ、菅が呼ぶ、日本会議が呼ぶ。日本を潰せと俺を呼ぶ。聞け、国民ども! 俺は安倍様の側近、西村だ! 萩生田だ! 下村だ! 

バカはバカを呼び、バカに交わればバカになる。日本全国バカ日和。

こんなクズを政治家にしたのは、誰?

www.nikkan-gendai.com

 

「安倍3選」が確実視される総裁選で、「石破の応援演説に参加すれば将来に差し障る」と、神戸市議を恫喝した西村康稔官房副長官(55=兵庫9区)。「安倍支持に回れ」と圧力をかけたのだから前代未聞だ。

 西村氏が市議にまで圧力をかけたのは“天敵”である萩生田光一幹事長代行(55)との“手柄争い”が原因だともっぱらだ。

 西村氏と萩生田氏の2人は、2003年衆院選で同期当選、学年も近い。どちらが安倍首相の寵愛を受けるか忠誠合戦を繰り広げているのは有名だ。

 現在、西村氏が劣勢に立たされているという。

「萩生田さんの地元・東京は、都議会議員をはじめ『安倍支持』でほぼ固まっています。ところが、西村さんの地元・兵庫はもともと、石破支持者も多い。総裁選では、開票後、都道府県ごとに地方票の内訳が判明します。もし、東京が『安倍7:石破3』だったのに対し、兵庫が『安倍3:石破7』といった結果になったら、『総理に恥をかかせた』『地元をまとめられなかった』と批判されるのは確実です。地元市議が公然と石破支持で動いたらなおさらです。恫喝してでも市議にストップをかけたかったのでしょう」(永田町関係者)

 

 萩生田氏は15年から2年間、官房副長官を務めた。西村氏も昨年8月に官房副長官に就任。両者が「次は大臣」と内心思っていてもおかしくない。西村氏が必死になって功を焦る理由は他にもある。

「西村さんは、西日本豪雨発生時に開いた飲み会『赤坂自民亭』での様子をSNSにあげ、大炎上させた張本人です。安倍応援団は『あのバカのせいだ』『官房副長官をクビにしろ』とカンカンです。汚名をそそぐのに必死なのでしょう」(安倍陣営関係者)

 安倍陣営では、自称側近3人衆の下村博文文科相、萩生田氏、西村氏が勝手バラバラに動きひんしゅくを買っているという。「最側近はオレだ」と、茶坊主”争いに血道を上げている。視線の先に「国民」はいない。

f:id:Muho:20180903213103j:plain


 

かつては先進国だった国

政治家、それも首相がすぐにばれる嘘をつき、それを強硬に押し通し、謝罪もせず、周囲も追及せず、その後も首相が最高権力の座に居座れるような国のことを、後進国という。色々な意味での「後進国」は残念ながら世界に複数存在するが、一度は先進国と呼ばれながら、後進国に堕ちたのは日本くらいではないだろうか。

 

 

 

f:id:Muho:20180903213103j:plain