Muho’s diary

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です。こちらには政治的叫びはありません。

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

NHKにくれてやる銭はねえ。矢でも裁判でもやって来い。

 

hbol.jp

 

について、NHKに抗議のメールをだした。

本日、「小川淳也議員による根本大臣不信任決議案趣旨弁明を悪意ある切り取り編集で貶めたNHK」(https://hbol.jp/187300)という記事を目にしました。実は、私もこの記事とまったく同じことを感じていました。
この記事にある「悪意ある切り取り」とは本当のことでしょうか。悪意がないのであれば、どういう方針であのような編集が行われたのでしょうか。また、この記事を書かれた「上西充子氏」に対しては、どのように対処されるおつもりでしょうか。
小池報道局長という人物が安倍政権と癒着し報道に圧力をかけているという記事もありました。これを見る限り、事実としか思えません。
NHKは国民の受信料で成り立っているのですよね。その放送が権力によって歪められるのは国の存亡に関わります。お返事、お待ちしています。

そして珍しいことに返事がきた。そのクソ腹立たしい内容を御覧ください。

大倉 崇裕 様

NHKの番組をご覧くださり、ありがとうございます。  

新年度予算案の衆議院通過に向けた与野党攻防が焦点になる中、
野党6党派は「統計不正問題の審議が不十分で、新年度予算案の採決は認められな
い」として、
根本厚生労働大臣不信任決議案を提出しました。
立憲民主党の会派に所属する小川淳也衆議院議員は、趣旨弁明で、インターネット上
に投稿された川柳を読み上げ、
統計不正問題に対する国民の不信感が根強いと訴えるとともに、
水分補給の際に議長の注意を受けながらも2時間近くにわたって厳しく追及を続けま
した。
3月1日のニュースウオッチ9では、こうした様子を伝え、統計不正問題の真相究明を
求める野党側の姿勢を放送しました。

番組やニュースは、報道機関として、自主的な編集判断に基づいて放送していま
す。

今後ともNHKの番組をよろしくお願いいたします。

NHKふれあいセンター(放送)


本メールアドレスは送信専用のため返信はできません。
お問い合わせは所定のメールフォームからお願いします。
[パソコン] http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html
[スマートフォン] http://www.nhk.or.jp/css/sp/
 

 もう言葉もない。こんなところに高額な受信料むしり取られ、その金で安倍がニタニタ笑っているわけだ。私は受信料を払い、真正面から文句を言うーーのがスタンスだったが、さすがに支払い拒否をしたい気分だ。裁判を覚悟してもいい。

 

そして、NHKのバカ3題。

 

 

 

政治マガジンについては、あまりに酷いので、メールをだしてみた。

NHK政治マガジンというのを見ました。素朴な疑問なのですが、どうして与党の記事しか出ていないのでしょうか。(https://www.nhk.or.jp/politics/)
NHKがだすものですから、より中立性が求められるのではないでしょうか。どういう編集方針をされているのでしょう。また、制作費は受信料からなのでしょうか。
NHKのデレビニュースは政治的に政権よりに報道が偏向しているとも言われています。小池報道局長が安倍氏と親しく、圧力をかけているとの記事も見ました。政治マガジンが与党の記事ばかりというのも、そうしたことと、関係があるのでしょうか。