小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

お父さんが外国籍だからということで排除するような議論は差別的で、こういう不当な攻撃は断固として跳ね返すべきだ

  • 蓮舫氏の「二重国籍問題」といわれるものが「党勢低迷の最大障害」だと本気で思っているなら、この人たちの頭は相当に花が咲いている。憲法改正だと騒がれている最中、何をやっているんだろう。
  • 国会議員ためものが、代表に留まりたいからか何かは知らないが、「批判を受け戸籍を公開」したら、これ以降、多くの人が、これを理由に戸籍の公開を求められるかもしれないことを考えないのだろうか。

 民進党蓮舫代表は11日、東京都議選の敗因を総括するための国会議員会議に出席し、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題をめぐり、日本国籍の選択宣言を証明するため「戸籍謄本をいつでも公開する用意がある」と述べた。蓮舫氏は家族のプライバシーを理由に謄本の公開を拒んできたが、会議では「懸念だった子供が成人したので、速やかに対応したい」と述べた。同日の党執行役員会でも同様の意向を示した。
 蓮舫氏は25日にも開く党両院議員総会で事実関係を説明したうえで、近く謄本を公開するとみられる。
 11日の同会議では、蓮舫氏が二重国籍問題の説明が不十分なことへの不満が噴出した。柚木道義衆院議員は「二重国籍問題が(党勢低迷の)最大の障害だ」と批判した。党内には執行部に都議選の結果責任を問う声があるが、蓮舫氏は批判の強い二重国籍問題にケジメをつけることで自身の続投に理解を求める考えだ。
 蓮舫氏は昨年10月の記者会見で、台湾籍の除籍手続きを進めたうえで、戸籍法に基づき日本国籍の選択宣言をしたと表明した。しかし宣言日が明記された戸籍謄本の公開を拒み、「証拠がなく問題が終わらない」などと批判されていた。

  • 小池晃氏。やっぱり頭がいいなぁ、この人。

今日の記者会見で民進党蓮舫代表代行の国籍について問われ「蓮舫氏は日本国籍をもって3回の選挙で信任をえて公人として仕事をされてきており、何の問題もない」「お父さんが外国籍だからということで排除するような議論は差別的で、こういう不当な攻撃は断固として跳ね返すべきだ」と答えました。