小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

数値化で語る愚か者 バカが呼ばれもしないのにやってくる

  • クソバカとしか言いようがない。本来は成果で語るもの、あるいは、例えば信頼関係の醸成といった目に見えないものを無理やり数値化し、その多少をもって評価とする。学校図書館で本を借り、それを読みもしないで返却、それを繰り返し、本の貸出数学年1位を取って誇らしげに鼻の穴を膨らましているかのような姑息で愚かな考え方だ。
  • こんな底抜けの愚か者が外相やってるって、日本の日没っぷりを物語る一材料だ。
  • 首相をはじめとする取り巻き連中は、直球のバカだが、この人はスライダー的バカというか、変な曲がり方をしている。まあ、キャッチャーのミットにおさまったときは、政権にウヨウヨいるただのバカってことになるのだが。

www.asahi.com

 

河野太郎外相は3日の東京都内での講演で、頻繁に外国を訪問する中国の王毅外相に「とにかく目標は打倒王毅だ」と伝えていると明かし、自身の訪問国数を王毅氏並みに増やそうとしていることを紹介した。外遊を増やすため、自身の国会出席を軽減することなどを訴えた。

 河野氏は、王氏の訪問国数が日本の外相の2倍以上であることを引き合いに「この差を縮めて王毅さんの背中がもう少し大きくなるように頑張る、と一方的に宣言した」と言及。その後、王氏が河野氏と会うたびに「何カ国行きましたか」と尋ねるといい、「その差がどんどん開いているのが現状。けんかの相手先を間違えた」とぼやいた。