小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

「共謀罪」国会を中継しないNHKにOB・OGから憤りの声! 「NHKニュースだけ観ていても安倍政権の実態がわからない」〜元NHKディレクター・池田恵理子氏が語るメディアの「アベチャンネル化」

 森友学園疑惑、加計学園疑惑、「共謀罪」法案の衆院強行採決――止まらない安倍政権の暴走で、はっきりとした問題がある。マスコミによる「報道犯罪」のひどさだ。
 2017年5月19日、野党の抵抗も、一般市民の反対の声も意に介さず、政府・与党と日本維新の会は「共謀罪」法案の強行採決に踏み切った。政府・与党がこの日、「共謀罪」法案の強行採決に踏み切るであろうことは、数日前から指摘されていたことだった。
 しかしこの日、NHKは国会審議を中継しなかった。さらに、5月23日の衆議院本会議での強行採決も、国会中継を行わなかった。
 これには、SNS上でも非難が殺到した。「NHK国会中継をして、国民に審議内容を逐一伝えるべき」「NHKは『アベチャンネル』!」――。
 「公共放送」の看板にはもはや偽りしかないと言うべきNHKの報道姿勢に対し、誰よりも大きな声で憤りを訴えているのが、ほかでもない、NHKを退職したOB・OGたちだ。

 IWJは5月27日、元NHKディレクターで、「慰安婦」問題に取り組む、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)館長の池田恵理子氏にお話をうかがった。池田氏は、NHKが「共謀罪」法案の国会審議を中継しなかったことに憤りを覚え、NHKに抗議の電話をしたという。
 IWJが池田氏に、今のNHKやマスコミ報道に対する思いをお訊きすると、池田氏は、NHKの放送姿勢を「言論統制の一種」だと批判し、次のように語った。

 「NHKだけを観ていると『共謀罪』の恐ろしさも、それを強引に推し進めようとする政権の酷さも見えないようになっている。こういう情報操作の積み重ねが、国民を『マインドコントロール』することにつながるのです」

 NHK幹部はぜひ、OB・OGの忠告に耳を傾けてほしい。

政権のボロを隠すため? 重要な国会審議を中継せずにニュースで「オブラートに包む」NHK報道にOGから怒りの声!
 「このところ、特に、安倍政権の横暴さは、集団的自衛権行使容認から安保法制、今回の共謀罪にいたるまで、あまりにもひどすぎる。ひどすぎるのに、NHKも従順に安倍政権に同調しているわけですよね。それが露骨に見え隠れする」

 池田氏は開口一番にそう述べ、古巣のNHKに対する怒りを露わにした。

 2010年に定年退職するまで、NHKで家庭・教養番組ディレクターなどを務めた池田氏は、1991年から1996年までにETV特集などで「慰安婦」問題で合計8本の番組を作り世に送り出した。「慰安婦」問題を世に知らしめた功労者と言うべき存在だ。

 その池田氏は退職後、退職者の仲間とともに、籾井勝人前会長の辞任を求めるデモや、NHKへの申し入れ、街宣車で職員に向けて呼びかけをするなど、活発な「NHK批判」を展開してきた。

 今回、NHKが「共謀罪」法案の国会中継をしないと知った池田氏は、すぐさまNHKに抗議の電話を入れたという。

 「抗議電話をすると、だいたい担当者が『いやあ、三原則(※)がありまして』などとゴニョゴニョ言います。今回の衆院本会議や衆院法務委員会、こんな大事な争点をめぐる審議を中継せず、最終的にニュースでちょこっとだけ取り上げる。視聴者に不快感や疑問を抱かせるような政府・与党や首相の傍若無人な醜態は見せないで、うまくオブラートに包んでしまう意図が明らか。中継をすれば、その部分が全部見えてしまうわけです。あまりにも腹が立つので電話してしまいます」

NHKの「国会審議中継三原則」は以下の通り。
(1)衆参本会議の施政方針演説などの政府演説とそれに関する各党の代表質問
(2)衆参予算委員会の基本的な質疑の中で、各会派の一巡目の質疑
(3)その他、中継担当者が総合的に「必要」と判断したもの