小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

「岸田森 夭逝の天才俳優・全記録」

Muho2017-04-20

  • 岸田森 夭逝の天才俳優・全記録」来たる。1982年を描いた「薄暮の刻、迫る」は、切ない。何となく、うちの親父とだぶるからかなぁ。親父は59歳で、三ヶ月寝こんだだけで死んでしまった。岸田森の43歳というのは、それより一回り以上若い。惜しいなぁ。
  • 400ページ近い「岸田森出演作品 データと解説」はすさまじい労作。岸田森について、ある程度知っているつもりになっているが、そんなのは氷山の一角にも満たないと知る。著者 武井崇氏にあらためて感謝。

TV
「シカゴPD」
第10話
ロニーの死体が見つかる。禁止命令も無視し、彼をマークし続けていたジェイには当然、疑いが。事件解決まで謹慎となったジェイは、独自の捜査を始める。一方、事故現場の車から遺体が見つかる。被害者はリチャード・エリオット。検察の元でDNA鑑定を行っていた人物。公判で何度も証言をしており、犯罪者の恨みを買っていた。被害者は翌日、ニック・DJの公判で証言をする予定だった。さらに捜査線上に浮かんだ白人至上主義の男も、既に殺害されていた。果たして事件の真相は……。セブライトをはじめ、ファィアーの面々が多数出演。警官が殉職する大銃撃戦が展開。そしてボイトは無双。