小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

Muho2017-04-16

  • なんてまったりしていたら、こんなバカがまた出てきた。観光マインドがいったいどれほどの価値があるというのか。学芸員よ立ち上がれ!
  • 一番のガンは政治家と言われる人たちだ。国を良くしようというマインドが全くない。一掃しなければ駄目だ。

 山本幸三地方創生担当相は16日、大津市内で講演後、観光を生かした地方創生に関する質疑の中で「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」と述べ、博物館などで働く専門職員である学芸員を批判した。
 山本氏は質疑の後、記者団に「(学芸員を)全部首にしろというのは言い過ぎだが、(観光マインドを)理解していなかったら代わってもらうという気持ちでやらないとできない」と釈明した。 

  • (政治家どもを)全部首にしろというのは言い過ぎだが、(国を良くしようというマインドを)理解していなかったら、代わってもらうという気持ちでやらないとできない。

TV
「シカゴPD」
第5話
朦朧とした女性が病院に運びこまれた。胃の中にはコンドームに入った麻薬が多数。所持していた航空券によれば、女性はメキシコからシカゴに入ったばかり。女性は運び屋で、飲みこんだコンドームの一つが破れたのだ。特捜班は、同じ手口で麻薬を密輸しようとした友人たちの行方を追う。凶悪なギャングたちの手に落ちた彼女たちの運命は。麻薬を飲みこんで運ぶ手口は、「マイアミバイス」で知った。胃の中で袋が破け、乗務員が悶絶死する話だったけど、トラウマ級のショックだったなぁ。キムとケビンの新車ネタ、オチは判っているのだが、心底、笑える。この二人とトゥルーディを配し、しっかりと活かしているところが天才的だとつくづく。