小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

防衛相「(教育勅語に)現代でも通用するような価値観というものはある」

  • 防衛相「教育勅語には現代でも通用する価値観 」という見出しでもってNHKのNEWSWEBには出ているけど、思想的におかしな人の間違った発言を堂々と見出しに使うって、変でしょう。何か意図があるのかね? 見出しとして使うのなら、防衛相「(教育勅語に)現代でも通用するような価値観というものはある」の方だと思うけどな。

4月11日 11時21分
稲田防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、戦前などに使われていた教育勅語について、親孝行など、現代でも通用するような価値観があるとしたうえで、唯一の教育方針として取り扱うことは不適切だという認識を示しました。
この中で、稲田防衛大臣は戦前などに使われていた教育勅語について、「私自身としては、親孝行とか、夫婦仲よくとか、友達との信頼関係とか、現代でも通用するような価値観というものはあると申し上げている」と述べました
そのうえで、稲田大臣は「日本は単に経済大国を目指すのではなく、高い倫理観と道徳心で世界中から尊敬され、頼りにされるような国を目指そうということを今まで申し上げてきた。しかしながら、教育勅語を唯一の教育方針として取り扱うことは不適切だと考えている」と述べました。

TV 「シカゴ・ファィアー」シーズン2
第12話
地区次長の娘であるジョーンズ。筆記試験でカンニングしていることにドーソンは気づくのだが……。救助隊に入れたミルズや銀行に取られそうになっているモーリスやいろいろあるけれど、何だかんだでケーシーとセブライトが仲良く並んでいるところを見るのが、最高であったりする。うん、後遺症で悩むケーシーを心配するセブライトがとにかく今回のすべてかな。あとエスカレーターに髪の毛を巻きこまれた老婦人のところは怖いから早送りにした。