小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

Twitterにあった名言集。

何度でも言うぞ。

教育勅語は「ただし子供を虐待する親を除く」「ただし暴力を振るう夫を除く」って例外規定を設けないと今の時代じゃ通用しない。

親孝行は「健全な親」に恵まれてることが前提。

親孝行を説く前に、まず「虐待する親からは逃げろ」と教えるべきなんだ。

  • いや、素晴らしい。親孝行は「健全な親」に恵まれてることが前提。私が言いたいのもここ。ここがすべて。

ナチス高官、戦後裁判証言

「国民は戦争を望まない。しかし決めるのは指導者で、国民を引きずり込むのは実に簡単だ。外国に攻撃されつつあると言えばよい。
それでも戦争に反対する者を、愛国心がないと批判すればいい」

鈴木邦男

愛国心があるというのなら、自分の心の中で思っていればいいこと。自分は愛国者だっていう人を1万人ぐらいは見てきたが、大声でそのようなことを言うのはインチキですよ」

TV 「シカゴ・ファィアー」シーズン2
第11話
ケーシーが復帰。しかし、ある後遺症が彼を襲う。一方、消防士の訓練を受けることとなったドーソン。そのためケーシーとの間がギクシャクし始める……のは別にどうでもいいよ。好きにして。それよりジョーンズよ。活きの良いのが出てきたよ。ヘイズを巡り対立するクラークと妻。そのヘイズが殺害され、クラークは微妙な立場に。その結末は……。クラークいいなぁ。ずっとレギュラーでいてくれればいいのに。冒頭の車両事故、喉に細い鉄杭が突き刺さった男性が登場するのだが、そこから繋がるラストシーンがこの上なく美しい。創作はこういう部分を常に大事にしたい。この回放送の翌日から「シカゴP.D.」放送開始、という認識でいいのかな。