小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

キングコング:髑髏島の巨神

Muho2017-03-17

  • キングコング:髑髏島の巨神』試写会に行ってきた。シンプルな内容だけに、ネタバレが恐いけど、これだけは言って大丈夫。今度のコングは怪獣である。そしてこの映画は、100%怪獣映画だ。愛とか絆とか、そなもんねえんだよ。逃げるか、食われるかなんだよ。誰かも言っていたけれど、世界は怪獣映画のコツを掴んだようだ。
  • 高まるのは、2020年予定の「ゴジラ対コング」。楽しみだなぁ。気になるのは、邪魔な東京五輪だよなぁ。そのせいで公開がまた遅れたりしないよな。
  • 何となく考えているのは、これからまた英語を猛勉強して、「ゴジラ対コング」を本国で公開初日に見るという野望。

TV 「シカゴ・ファィアー」第20話
フォークリフト使用中に荷物が崩れ下敷きに。そしてシャッターに片腕を巻きこまれた男性の救出。どっちも、手足バキバキでメチャクチャ痛そうで、その手のものが弱い人にはきついかも。救急隊の候補生タラ・リトルやミルズへのひいきとかいろいろあるが、いよいよ、「シカゴP.D.」に向けた伏線が本格始動。囮捜査でボイトを引っかけることに一役かった男が射殺体となって発見される。そしてケーシーの元には、あの女性が。こういう構成ってどのあたりで固めるのだろう。「P.D.」は初めから狙っていたのかな。