小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

CSIシリーズの終了

  • WOWOWで放送中だった「 CSI:サイバー2」の放送が終了した。これで、「CSI」シリーズすべての放送が終了したことになる。15年間で全796話とのこと。
  • 色々なところで書いているけれど、「CSI」の第一話が始まったとき、録画媒体はビデオだった。我が家はスカパー!はおろか、WOWOWにも加入しておらず、小田原に住む友人が録画しているビデオを借りては、まとめ見していた。自力で見られるようになったのは、「CSI:マイアミ2」くらいからだろうか。
  • CSI」シリーズでは、やはり「マイアミ」が好きだ。「マイアミ」は今までに見た全海外ドラマの中でも、一、二を争うくらい好きだ。「ニューヨーク・マイアミ合同捜査」は全796話の中でベスト。某社のはからいで、デビッド・カルーソ氏のインタビューに同席できたのは、最高の思い出だ。
  • CSI」シリーズ放送中の15年は、本当にめまぐるしい時代だったと思う。録画メディアだけを見ても、ビデオからDVDをへてBlu-rayになった。ネットや携帯やCGもものすごい速度で進化していったし、新しく生まれたものや、消えていったものもいっぱいあった。かつて最先端として始まった「CSI」だったけれど、それがいつのまにかそうではなくなり、必死になってそれを追いかけ、しがみつきながら、ついに振り落とされてしまった……そんな印象もある。
  • アメリカのドラマは層が厚いから、一時代を築いたものが終わっても、そのまま風化したりはしない。「LAW&ORDER」シリーズがピークを越えても、すぐ「シカゴ」シリーズが出てくる。「24」が終わってもすぐ「ブラックリスト」などの作品が現れる。「メンタリスト」が終わったかと思えば、すぐ「ルシファー」みたいな作品が始まる。そういう意味では、「CSI」のような番組って、今後はそう出てこないような気がする。「NCIS」シリーズがあるじゃないかと言われるかもしれないが、個人的にあれは少し違うと思う。
  • CSI」って、この15年だから存在し得た。そんな気がする。

TV 「シカゴ・ファィアー」第19話
ランドシューターに子供が落下。首が捻れたまま身動きが取れなくなった。救出には成功するものの、瀕死の状態で病院に運ばれる。ベニーとの一件を経て、ミルズを救急隊に取り立てるセブライト。一方、アンディの未亡人ヘザーを巡り、再びケーシーとセブライトが仲違い。署内は分断される。それにしても、この日本語、どこから取ってきたのだろう。向こうでよく言われていることをそのまま日本語にして、こうなったのかな。「債権者は債務者より記憶良し」。まあ、ある意味、真実を突いているけど。そして感動のラスト。いやこれは素晴らしい。泣くなという方が無理。