Muho’s diary

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です。こちらには政治的叫びはありません。

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

TV

「シカゴ・ファィアー」
第8話
ローガンスクエア駅で兄妹が列車に轢かれる。兄は助かるが幼い妹は死亡。その無残な状態を見たミルズは……。女の子が自宅で意識不明に。母親はセリアック病と証言するが、出動したドーソンとシェイは、いくつかの疑問点を見いだす。少女は虐待を受けていたのではないか……。木の上で突如意識を失った男が宙づりに。救助に当たるセブライトたちだったが、その過程でセブライトの首はさらに悪化する。ようやくケイシーの家族エピソードに突入。いろいろなどん底をこれでもかと映しだしてくれるが、ケイシー&ミルズのラストエピソードが……。なるほど。上手いなぁ。