Muho’s diary

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です。こちらには政治的叫びはありません。

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

また一つ、日本は悪い方向に転がった

  • なんとまあ。
  • 私はミステリー作家であるから、Twitter上で、死体だの凶器だの殺人だのとしょっちゅう書いているが、今後、恐ろしくて何も書けない。萎縮を産んだという点において、Twitter社は大いに勝利したわけだ。どこかで喜んでいる人もいるだろう。また一つ、日本は悪い方向に転がった。

headlines.yahoo.co.jp

 

Twitter社からの返答には、具体的にどのツイートがダメだと判断されたかが書いていない。

この返答を受けて、菅野さんはTwitter社に次のような反論メールを送った。

《当方がどの人物にどのような嫌がらせをしたのでしょうか?

1)まずこちらが攻撃的なメンションを受け、それへの対応をした

2)著名人・政治家等が、自己の影響力を省みず、差別的言動(これもTwitterルールで明確に禁止されているはずです)をおこなったため、批判した

という事例以外、心当たりがありません。》

菅野さんは、Twitter社に送ったメールで、次のようにも主張している。

《もしそこまで厳密に「ルール」を適用するのであれば、なぜTwitter Japanはヘイトスピーチを放置しつづけるのでしょう?

なんだったら、検索したらすぐみつかる「人種、民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、疾患を理由とした他者への暴力行為、直接的な攻撃、脅迫の助長を禁じます。また、以上のような属性を理由とした他者への攻撃を扇動することを主な目的とし」た書き込みを、列挙していきましょうか?

整合性のある回答を、再度強く求めます》

 

 

  •  こんなことも始まっている。

www.change.org