小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

自覚のない他力本願

  • 伊吹文明氏のFBより。一見、穏やかで良識的で建設的な意見をにこやかに述べているように見えて、そこは、日本会議に名を連ねるおじさん。アメリカがぁ、アメリカがぁと繰り返し、「危ないのは日本だ。しっかりやってくんなきゃ困る」と上からの目線で宣う。何もしないくせに、権利だけは主張する、ちょいちょい見かける質の悪いおじさんのようなことを言っている。
  • 面白いのは、政治を自分たちの都合のよいように乱用している自民党にあって、「日本の議会制民主主義制、緊張感する二大政党制」などを民進党に向かって説いていらっしゃる。自覚がないのか、確信犯なのか。どの口が言ってんだと思う。
  • 「国民生活が貧困にあえぐ北朝鮮が、なぜここまで核とミサイル装備にこだわるのか。金独裁体制維持を目指しているのでしょう」。そのまま返してやるよ。「国民生活が貧困にあえぐ日本が、なぜここまで憲法改正にこだわるのか。安倍独裁体制維持を目指しているのでしょう」。

 

4日の投稿で、民進党への危惧と前原代表への期待を述べましたが、翌5日には、幹事長人事のゴタゴタで早速危惧が的中し、「またか」との思いです。日本の議会制民主制、緊張感ある二大政党制はどうなるのでしょう。
 民進党の党内事情等お構いなく、北朝鮮は3日、大陸間弾道ミサイル用の水爆実験に成功―と発表。各種ミサイル(人工衛星実験と称し事前通告していたものが、通告なしの兵器・ミサイル発射を公言)発射を重ね、緊張の高まるなかでの6回目の核実験です。国民生活が貧困にあえぐ北朝鮮が、何故ここまで核とミサイル装備にこだわるのか。武力や経済制裁等の国家存立を脅かす攻撃への報復能力を誇示し、金独裁体制維持を目指しているからでしょう。
 世界の警察を自他ともに認め、パックス・アメリカーナ(米国の価値観、体制を是とする考え)を世界秩序の基本にしてきた米国の力が相対的に衰え、その隙間に咲いたあだ花が今日の事態です。クリントン政権時に北朝鮮核施設の限定空爆をためらいオバマ政権で「戦略的忍耐」を重ねているうちに、北朝鮮に時間を稼がれ、今回の事態に陥ったのです。歴史の評価は全て結果論で、その時々では最良の選択をしていても、「政治家は歴史の法廷で裁かれる」のです。
 さて現実をどうするかです。日本にとり最悪の事態は、①米国が北朝鮮を核保有国と認め、頭越しに対話に入る。②米国が北朝鮮に反撃余力を残す不完全な軍事介入を行う。反撃の被害者は、遠い国・米国でなく、韓国や日本です。③北朝鮮在日米軍基地攻撃の名目で、日本を攻撃する。これらを避ける抑止力は、日米安保条約による核を含む米国の軍事力しかないのが現実です。となると第④のリスクは、トランプ政権が必ず安保条約を遵守するか否かです。
 ①~④の事態を避けるための安倍総理の努力は、日本が危機であるからこそ、党利党略を離れ、冷静に評価すべきです。安保法制や米軍基地への批判は謙虚に受け止めるべきですが、①~④の現実も理解すべきです。日米の対応や国連安保理決議の効果が出ないのは、中国、ロシアの存在です。北朝鮮の有事は、難民の流入、米国または韓国との緩衝地帯を失う危機が生じるので、中露両国は石油禁輸等北朝鮮を追いつめる厳しい制裁に協力を渋るのが現実です。
 憲法の「平和を愛する諸国民の公正と信義に期待し……」が、日本周辺でも色あせてきています日本もミサイル迎撃体制の強化、敵基地の防御的攻撃の法的検討の開始等、対北抑止力を与野党を超え真剣に考える時でしょう。