Muho’s diary

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です。こちらには政治的叫びはありません。

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

真ん中くらいがちょうどいいのでは?

  • 様々な意見はあると思うが、支持、不支持の拮抗って、こんなものなんじゃないだろうか。55%前後の支持率で「俺たちにはこれだけの支持率がある」と得意満面で語るアホも問題だが、報道次第で一気に20%代にまで支持率が落ちこむのも、それはそれで問題だろう。半々くらいがいい塩梅なのではないか。
  • 一方で民進党前原氏の窮状に同情の余地はない。議員のプライベート問題を唯々諾々と政治問題化され、離党され、その上、自分の信条を優先し眼前の敵を見失う。愚かとしか言いようがない。補選も含め、自民には風が吹いている。この調子では改憲発議も止められないだろう。

 

 週末に行われたNNNの世論調査で、安倍内閣の支持率は42.1%となり、4か月ぶりに不支持を上回った。

 安倍内閣を支持すると答えた人は前月比6.5ポイント上昇して42.1%、一方、支持しないと答えた人は前月比6.3ポイント減って41.0%で、今年5月以来、4か月ぶりに支持が不支持を上回った。

 北朝鮮に核・ミサイル開発をやめさせるためにどのような対応が望ましいか聞いたところ、「対話を呼びかける」が29.4%、「経済制裁などの外交的圧力」は49.7%、「軍事行動など武力行使」が10.6%だった。また、北朝鮮のミサイルについて「大きな脅威と感じており不安だ」が49.7%、「脅威を感じているが差し迫っていない」が41.4%だった。

 一方、民進党で新しい代表に選ばれた前原氏については「期待する」が33.4%だったのに対し、「期待しない」が52.9%に達した。