小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

トライのCM

  • 特捜最前線13話「愛・弾丸・哀」を見ているが、トライのCMが脳にこびりついていて、もはや、昔のような気持ちで見ることができない。トライのCMは、この話から、立てこもりを説得するお母さん、病院のお母さん、電話を受ける津上の三箇所が使われている。比較してみた。
  • 特捜のイメージとはかけ離れた、言うなれば改変であり、賛否あるようだが、抱腹絶倒なのは事実であり、私は好きだ。

病院のお母さん編

トライ。
「誰か、定期テストまで時間がないからトライの番号教えて! 0120-55の下、何なのよぉ。55の下、教えなさいよ」「202」 

特捜最前線
「死なないでぇ、死なないでよぉ。 みのるぅ、みのるぅ、みのるぅぅぅ」


たてこもり説得編

トライ。
「テストの成績が伸び悩んでいて、受験までもう残り100日しかないんだけど、私、もうどうしていいかわかんなくて」
「トライなら、トライなら大丈夫です!」
取り乱す前にトライに電話。

特捜最前線
「みのるぅ、出てきておくれよぅ。母さんだよぉ」
「みのるぅ、どうしてこんなことしたんだよぉ」
「みのるぅ、お願いです、刑事さん、お願いです、許してやってください。あの子は悪い友達に騙されただけなんです」


津上の電話編。

トライ。
「はい、もしもし」
「先生、すみません、うち、トライの家庭教師に切り替えようかと」
「トライ? 何でですか!? 切替キャンペーンやっているから……?」
「ごめんなさい」ブチッ
「おい、おい!!」

特捜最前線
「トモ子か?」
「特命の津上刑事さんだね」
「そうだ」
「おまえの妹を預かっている」
「何だと!? きさま誰だ?」
「妹を助けたかったら、いますぐ特命捜査課へ行け。1時間後に電話する。誰にも連絡するな。したら妹を殺す」ブチッ
「おぃ、おい!!」