Muho’s diary

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です。

小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう? ちなみに、普通の日常はこちらです。https://muho2.hatenadiary.jp

桂米朝師逝く。

  • 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 上方落語の復興に力を尽くし、落語家として初めて文化勲章を受章した三代目桂米朝(かつら・べいちょう、本名・中川清=なかがわ・きよし)さんが19日午後7時41分、肺炎のため死去した。89歳だった。告別式は25日午前11時、大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館。喪主は長男の落語家、桂米団治さん。葬儀委員長は田中秀武・米朝事務所会長。
 現在の中国・大連市で生まれ、兵庫県姫路市で育った。大東文化学院(現大東文化大)在学中の1943年から寄席研究家で作家の正岡容(いるる)に師事。上方落語界をもり立てようと、47年に四代目桂米団治に入門した。
「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」や「算段の平兵衛」など、長く埋もれていた上方の噺を次々に復活せ、持ちネタは130を超えた。
 丹念な時代考証や人物の分析、端正な語り口で他の追随を許さない芸風を確立した。
 東京の五代目柳家小さん(故人)に続き96年、人間国宝に。2009年、文化勲章桂ざこばさんら大所帯の一門を率い、桂枝雀桂吉朝(ともに故人)ら個性豊かな弟子を育てたが、近年は脳梗塞などもあり高座から遠ざかっていた。
 「米朝落語全集」(全7巻)のほか、著書に「落語と私」「上方落語ノート」(全4巻)「桂米朝集成」(同)など。