小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

TV

「デクスター2」
第8話
焼けてしまったライラの部屋。だが、現場には放火を思わせる不審な点があった。真実に気づいたデクスターはライラに別れを告げ、新たな獲物に狙いを定める。一方、いくつかの手がかりを葬り去ったものの、ランディの捜査は新たな手がかりを得て急展開を見せる。そして、ドークスも……。これだけのことをしても、見ている側はデクスターの味方なんだよなぁ。ものすごい計算が働いている脚本だと思う。一歩でも踏み間違えたら、「え!?」となるギリギリを歩んでいる。それでいて、顔をしかめたくなる生理的嫌悪感がドラマ全体を包んでいて、そのバランスも見事。食事しながら見ているとけっこう辛い。