小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

TV

「LAW&ORDER クリミナルインテント6」
第8話
サンクスギビングデー当日、イラクから一時帰国中のアマンダが失踪した。彼女は、警察委員副委員長の娘でもある。そのため、事件はゴーレンたちの担当に。まもなく彼女の車が、駐車場で発見。ゴーレンは車が一番奥に止められていたことに着目。人気もなく、女性なら避ける場所だ。付近の森からハンドバッグと靴、下着も含めた衣服が発見も、遺体は出ない。偽装が疑われ始めるなか、失踪直前の行動が明らかとなる。アマンダは友人トリッシュ宅で着替え、アシュトンという男に会うため街に出たらしい。アシュトンは泥酔したトリッシュを介抱しモーテルへ。残されたアマンダはそのまま行方不明となった。無許可離隊か? 近づく結婚式から逃げたのか? 人間関係の拗れから起きたよくある事件かと思っていると意外な方向に転調、そして、最後に人間関係の拗れへと戻ってくる。とにかく、戦争なんてするものではない。何があっても。ゴーレンは母親の容体悪化、捜査に集中できず、捜査を離れる。これは何か意図してのもの? それとも、もっと現実的な理由?