小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

TV

「LAW&ORDER クリミナルインテント6」
第7話
泥酔した女性の運転する車が暴走、歩道に乗り上げ、クラブ前にいた人々を撥ねた。九名が死亡、負傷者多数。ローガンは、死者の一人、カーティス・ゴールドの死体に着目する。目撃者によれば、彼は撥ねられる前に既に倒れこんでいたという。カーティスはクラブ向かいにあるスタジオのオーナーで、スタジオ内には血痕が。彼は室内で襲われ、出てきたところを撥ねられたらしい。四千ドルの機材は無事だったが、表彰立てが粉砕されていた。床には薬物の跡が。被害者は顔と脇腹に殴打痕があり、死因は脾臓破裂。ゴーシェ病のため、骨折、出血しやすく、脾臓も肥大しており、数日後に摘出予定だった。容疑者として浮上したのは二人。ところがそれぞれに自供を行い、罪を奪い合う状態に。ニューヨークって恐ろしい街だわとあらためて。注目は、東洋かぶれのいかれた用心棒「ゴロー」。描写にけっこうな時間を費やしていて愉快。TATOOは「危機」。