小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

TV

「LAW&ORDER」
第20話
連邦拘置所から三人の囚人が移送されてきた。だが、到着したとき、レバノン人の密輸業者ムスタファが死んでいた。残り二人の囚人、キューバ人のモンテス、IRAのオコンネルは犯行を否定し証言も拒否する。捜査を始めようとする刑事たちであったが、FBIが介入、実質的な捜査妨害を受ける。捜査を続ける上で、問題となるのは、オコンネル。イギリスでは、テロ行為で逮捕状が出ているものの、アメリカ政府は彼の行為を政治行動と見ている。政治問題が絡み、捜査は進展しない。そして、拘置所内でモンテスが殺害され……。前回は某国マフィアとの攻防に勝利し、今回はIRAと真っ向勝負の検察。番組開始当初は「つまらない」「眠い」とか言っていたが、この時点でもう、眠気が吹っ飛ぶ面白さ。