小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

  • 都知事もそうだが、老いて思考がどうにもならなくなった時代錯誤人間にマイクをもたせ、回りがヘイヘイと従っている状況が、一番問題だと思う。震災と大戦争を比べること自体が時代錯誤だと思うが。そして何より、いまさら、プロ野球ごときにどれだけの掲揚能力があるというのか。これもまた、時代錯誤。彼の頭の中は、いまだに巨人、大鵬、卵焼きなのだろう。

巨人・渡辺恒雄球団会長が16日、3・25のシーズン開幕を厳命した。都内ホテルで行われた燦燦会で「明るい活力を持って、国民の大衆に見せることができるのはプロ野球選手」と、被災地復興のために全力プレーをみせるよう選手に要望した。
 「東日本巨大地震復興支援」として会を始め、壇上に立った渡辺会長。開幕問題に触れ「開幕を延期しろとか、プロ野球をしばらくやめろとか俗説がありましたが、大戦争のあと、3カ月で選手から試合をやりたいと声があり、プロ野球を始めました。フェアプレー、緊張した試合をすれば見ている人は元気が出て、エネルギーが出て生産力が上がる」と力説した。
 燦燦会には約200人の財界人が集まった。大震災に配慮し、選手へのサインや記念撮影の禁止が放送されると、マイクを奪い「だれが言ったんだ!何でも禁止させればいいってもんじゃない。後で懲罰する!」と怒鳴り散らした。
 会長の意見にほかの球団幹部も同調。滝鼻オーナーは「放射能が飛んでくると言っていたが、あれが野球ができない数値なのか。もっと科学的に考えたほうがいい」。清武球団代表も「条件が許せば25日にやりましょうということ」と強調した。

  • 25日といえば、来週だよ。そりゃ、来週には多くの施設が復旧し、ある程度の物流、電力だって回復するだろう。多分、野球できるくらいの状態にはなっていると信じる。でもそれは、そうなってから、「そろそろ、始めてもいいでしょうな」となるべきであって、電力需要の急騰で、予測不能の大規模停電がささやかれている都内で、言うべきことではない。