小説などを書いている大倉崇裕のオタク日記です……が、最近は吠えてばかりです。見苦しくて申し訳ありません。でも、いま日本を支配している政治家とその一派の方が遙かに見苦しいでしょう?

  • エレベーターに乗ろうとしたら、初老の外国人夫人が、巨大な段ボール四つを前にして呆然としていた。女性一人で、それらの荷物を一階まで下ろし、タクシーを捕まえ、目的地まで行かねばならないらしい。うーん、何とも大胆かつ、無謀な試み。そして、ずるいよなぁ。手伝わないわけにはいかないじゃないか。結局、荷物を全部運び、タクシーを捕まえ、トランクに荷物を運び入れることになった。いろいろと感謝の言葉をくれたけれど、もう少し、段取りを考えて動くようにしようね。